ブラックでも借りられる 制限

ブラックでも借りられる可能性がある金融は存在しているのですが、総量規制という制限があるので沢山お金を借りるという事は難しいでしょう。

大口融資となると足りない可能性もありますが、足しにはなると思うので利用してみると良いでしょう。



総量規制というのは年収の3分の1までの貸付しか認められないという決まりです。

年収が100万なら30万程度しか借理られないという事になります。

返済能力を超える貸付を禁止するという事で決められている法律になるので、これを破って貸付をしてくれる金融はありません。

総量規制以内でしか利用できないので、利用する場合は計画的に利用するようにしましょう。



総量規制以上で借りたいという場合には、銀行を利用するしかないでしょう。

銀行なら年収で貸付額が制限される事はないので、金融を利用するよりも沢山融資は受けられます。

ただ、金融のように審査は甘くないので審査通過できない人は金融で申込むしかないでしょう。



金融だと金利が高かったり、総量規制があるというデメリットがありますが…メリットもあります。

金融なら銀行よりも借りやすい場合が多く、手続きが簡単で融資までのスピードが早いです。

手軽に利用したいという場合は、金融を利用する方が良いかもしれません。

借りやすいという事で、世間では借りれないと言われている人も貸付対象になっている場合が多いです。

金融でも審査が甘いと言われている所なら、ブラックでも借りられる可能性があるのでブラックでも借りたい人は申込んでみると良いでしょう。



ブラックでも借りられる可能性があると言われているのは、中小の金融になります。

過去の信用よりも現状重視なので、ブラックだったとしても現状に問題がなければ借りられる可能性が高いです。

ブラック対しても積極的に貸付を行ってくれる所は多いので、利用した事がない人は中小の金融で申込みをしてみると良いでしょう。

中小は目立たない所が多いですが、沢山の会社が存在しています。

実績のある所も多いので、利用できそうな所があればどんどん申込をしてみると良いでしょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。